不動産投資で収益を得る

レディ

利回りの高い物件

大阪では収益物件に投資することが人気で、長期間にわたって家賃収入から安定した収益を得る事ができます。大阪の収益物件の種類は大きく分けて3種類あり、住居と事務所とテナントになります。住居の収益物件はマンションやアパートの事で、大阪には物件が多く手ごろな価格で購入できるため、初めて投資を行う人でも安心して購入できる物件です。事務所の収益物件はオフィスビルのことで、借りるのが個人ではなく企業である事が、住居の収益物件とは異なるポイントです。大阪では長期間にわたってオフィスを借りる企業が多いため、事務所の収益物件は長期間にわたって安定した収益を得られます。テナントの収益物件は店舗や倉庫のことで、飲食店やコンビニなどに建物を貸して収益を得ます。大阪には飲食店などの店舗が多いため需要が高く、立地によっては大きな収益を得ることが可能です。大阪の収益物件で利回りが高いのは飲食店などのテナントで、次に事務所とマンションやアパートの物件になります。マンションやアパートの利回りが低く見えますが、住居の物件は他と比べて空室のリスクが少なく、管理や修繕の費用も安いため実質的な利回りは高くなります。そのため大阪で利回りの良い収益物件を探すときには、立地がよく空室のリスクが少なければ、テナントや事務所の物件が好ましいです。そして空室のリスクがある収益物件では、マンションやアパートのリスクの少ない物件に投資することが大切です。